ホーム » 仕事の特徴、老人保健施設編

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

仕事の特徴、老人保健施設編

老人保健施設は、医師の管理下で介護・看護サービスを受けられ、自立支援に必要なリハビリを作業療法士および理学療法士が行うなど、利用者1人1人の状態に応じた、専門性の高いサービスの提供を特徴としています。デイサービスやショートステイの利用者は増加傾向にあるため、スタッフには決められた時間内でできるだけ多くの仕事をこなす、迅速かつ的確な対応が求められています。先輩から学び、仕事のコツを掴みながら、実務経験を地道に積んでいくことはもちろんですが、1日単位や短期間で入れ替わる利用者の特徴を押さえ、コミュニケーションやサービス提供の仕方を工夫する必要があります。流れ作業になりがちな仕事もありますが、個人を尊重したサービスを心掛ければ、利用者の満足度も高まり、心身の状態が改善する効果も期待できます。
自立支援が目的の施設ですが、利用者の中には施設の目的を十分に理解せず利用している方もいます。リハビリに積極的でない、何もしてくれないと不満を言う利用者も少なくありません。ケアマネージャーや家族にも協力してもらい、利用者が快適にサービスを利用できるように、コミュニケーションを重ねる必要があります。
老人保健施設では入居者定員数に合わせ、資格を持つ常勤スタッフを法律に従って配置することを義務付けられています。介護スタッフだけではなく、医療スタッフとの連携も重視されるので、仕事を通じて他領域の知識習得などメリットも多くあります。