ホーム » 経験が偏るのが課題の老人保健施設勤務

2018年12月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

アーカイブ

経験が偏るのが課題の老人保健施設勤務

看護師は救命救急センターで働くこともできれば、老人保健施設で働くこともできます。同じ看護師でも、職場が違えば仕事の内容も変わってきます。
救命救急センターでは、非常にハードな対応を求められることが多いです。忙しいときは一人で数人の患者を見なければなりませんし、体力的にも相当ハードです。一方、老人保健施設ではゆったりとしたペースで仕事がしていけます。
老人保健施設にいる人たちは、怪我や病気をしているわけではありません。高齢のあまりに在宅で介護ができなくなっただけなので、体は健康な場合が多いです。最低限の服薬チェックとバイタルチェック程度をしていれば仕事が終わるので、看護師としての経験を積みにくいのが課題です。新卒でこうしたゆったりペースの仕事場に入ってしまうと、その後病院へ転職をするのも難しくなってしまう現状があります。できれば、若いうちは体力もあるのでハードに働ける場所を選んだ方がいいでしょう。なぜなら、保健施設での仕事はベテランになってからでも十分にできるからです。若いうちにしかできないことを経験しておくと、看護師としての深みも違ってきますし、将来より大きな仕事ができるようになるかもしれません。
救命救急センターや大学病院、総合病院での仕事は、非常にハードではありますが、経験値がたくさんもらえるのでやりがいも強いです。最先端医療に携わることができれば、誇りとモチベーションも違ってきます。